安全でお手頃価格なスマートエバポレータ : 新型IKA RV8ロータリエバポレータ

エントリーモデルで高機能IKAロータリーエバポレータシリーズより新しくエントリーモデルのIKA RV8がデビューしました。全ての標準蒸留アプリケーションにお勧めです

IKA RV8には、RV10シリーズと同様の縦型ガラスセットと新型HB10ヒーティングバスがセットになっています。新型H10は安全機能がさらに向上し、偶発的なバス温度変更を防ぐキーロック機能、本体に持ち手が付き、ヒーティングバスを直接触れることなく高温溶液の入れ替えが可能となりました。  セミオートリフトシステム「セーフティーリフト機能」を採用し、電源が切れたときヒーティングバスからエバポレータフラスコが持ち上がります。
リフトハンドルの操作によって、フラスコは片手で素早く、確実に決められた位置に調整することができ、浸漬角度や位置も調節可能です。フラスコは上下に最大140mmまで昇降します。 
リフトハンドルにあるセンサーボタン(特許申請中)を押すとリフト昇降ができ、離すとロックが掛かります。右手・左手どちらでも片手でラクに操作ができます。デジタルディスプレーには、回転速度、ヒーティングバスの温度が表示され、最適な操作をお約束します。