IKA ROTAVISC 校正テスト


このキャリブレーションチェックテンプレートを使用して、ROTAVISCの測定精度を検証できます。.
また、使い方は動画をご参考くださいませ制御方法とシステムチューニング. さらに、IKAサービスチームによるデバイスの定期検査をお勧めします。

ROTAVISCのモデルとスピンドルを選択する
2.相対スピンドル:
600 mlビーカー(ローフォーム)に標準オイルを入れ、25°C(±0.1°C)まで加熱されるまで待ちます。 数時間かかる場合があります。スピンドルとガードレッグを使用します(lo-viとme-viのみ)。サーモスタット(HRC 2コントロールなど)を使用して、600mlビーカー内の温度を制御します。

アブソリュートスピンドル:
対応する測定チャンバー(各スピンドルタイプのマニュアルに記載されている容量)に標準オイルを充填し、25°C(±0.1°C)まで加熱されるまで待ちます。数時間かかる場合があります。サーモスタット(HRC 2コントロールなど)を使用して、測定チャンバー内の温度を制御します。


3.標準オイルの粘度(証明書または標準オイルパッケージのラベルに記載されている25°Cでの値)を入力します。例:25°Cで12,257cPの粘度を持つCAL-O-12500。

4.最初に回転数を入力します。例:10 rpm、キャリブレーションチェック用
この回転数で粘度計の測定を開始します。値が安定するまで待ちます。
最小回転数では最小のトルク(10%)が望ましいでしょう。
Value 1: 10 % - 20%
Value 2: 30 % - 50 %
Value 3: 60 % - 100 %

測定された最初の粘度値を入力します.

Your result of the calibaration
Good
Out of range! Please contact [email protected]


IKA プライバシー設定
当社ウェブサイトではCookieを使用しています。 運営上、必要なものや、ウェブサイトとその機能を改善するために役立つものもあります。 それらをご承諾いただくか、Cookieの設定を行ってください。 詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
クッキーの設定を変更
必要
統計
マーケティング
その他のオプション
保存
承諾する