ミキシング

ミキシング


攪拌と混合は人類の歴史において最も基本的な作業です。その起源は太古の調理作業までさかのぼります。スープを調理するときにはスプーンが器の中の食料を混ぜる道具として必要不可欠でした。スプーンが攪拌の道具となり、そしてその道具を動かす人間の手が動力でした。人類初期の攪拌作業において、良好の攪拌物を作る為には熟練の技が必要だったそうです。

ミキシングはいくつかの異なった素材を混合、結合させる為のプロセスの一つです。多種多様な素材の混合を前もって予測するのはきわめて難しく、格素材の構成や化学的、物理的な特長によっても出来上がった混合物は異なります。また攪拌プロセスにおいて素材の密度や粉体の比重、さらに粘度も重要な要素となります。これらの要素が完成した混合物の混和性、分散度、そしてその混合物の安定性(分離せず混合したままの状態を保つこと)や攪拌動作を決定づける鍵となります。

今日、世界的に研究規模での攪拌機器は以下の用途で使われています。:
  • 溶解
  • 攪拌
  • 懸濁
  • エマルジョン
  • 曝気
  • 熱交換の激化
  • 乳化


最良の結果はこの機種で:

  シェーカー
  マグネットスターラー
  攪拌機